とねっちの札幌くいしんぼうブログ

札幌のお手ごろな美味しいもの(ランチ、スイーツ)がメイン たまに風景や日常など

道議会食堂の中特ざるそば@中央区北2条西6丁目

24/05/24 今日の一枚

道議会食堂の中特ざるそば 700円

 

久しぶりの官公庁食堂シリーズ、今回は道議会食堂です。

場所は北海道庁の隣、もしくは旧道庁の赤レンガ庁舎の裏側にあります。

こちらは札幌では有名なデカ盛りメニュー、大特ざるそば(800円)があり、そばの量はなんと1㎏あります。

本当は挑戦したかったのですが食べきれる自信がなかったので、ワンサイズ小さい中特ざるそばにしました。

とはいっても蕎麦の量は800g、3人前くらいはあります。

 

特ざるそばは、冷たい蕎麦を温かいつゆで食べるのが特徴です。

つゆは甘めのかえしが効いたつけ汁です。

具は小エビ天、鶏むね肉、うずらの玉子、ネギ、ほうれん草が入っています。

つけ汁に天かすが染みこんでいて、天ぷらそばのつゆを濃縮した感じでした。

 

自家製麺の蕎麦は、つなぎが多めのオーソドックスな蕎麦です。

注文してから茹でているようで、多少時間はかかりますがその手間はうれしいです。

すごいボリュームの割には意外と苦戦せずに食べきることができました。

蕎麦とつゆの相性が良いからだと思います。

最初は熱々だったつけ汁も最後は冷たくなって、飲みやすい濃さになっていました。つけ汁を最後に飲み干して終了です。

 

やはり値段の安さとボリュームは圧倒的でしたね。

量が多いので、オプションでつゆの追加や、つゆの温めなおしがあればいいなぁと思いました。

 

午後1時半でも席は9割は埋まっていました。

道議会や道庁の職員だけでなく、近くの会社員や住民も食べに来ている感じでした。

建物の外側に出入口があるので、官公庁でよくある、入り口で名前を書くという手間がなく自由に行き来できます。

名物のそばが一番人気ですが、他のメニューも豊富で和洋あわせて30種類ほどあります。

気軽に食べに行きやすいのが魅力の官公庁食堂でした。

おすすめ度:B

道議会食堂

住所:札幌市中央区北2条西6丁目36‐1

営業時間:9時30分~19時

定休日:土曜日、日曜日

 

一風堂KAY のとんこつラーメン@札幌ステラプレイス

23/05/22 今日の一枚

一風堂KAY のとんこつラーメン  900円

 

札幌ステラプレイスにある、博多一風堂の別ブランド店です。

一年ぶりの訪問でした。

 

豚骨白湯系のスープは豚の臭みがなくて、まろやかでコクのあるス-プです。

さらりとしたポタージュスープのようでした。

スープは丸一日低温熟成させていると説明書きにあったので、こちらがカドが取れてまろやかな味わいの秘訣のようですね。

麺は博多豚骨ラーメンらしい低加水の細ストレート麺。

具はチャーシュー3枚、ネギ、きくらげ、メンマ。

通常のラーメンでもチャーシューが3枚ついてくるのが一番好きなところです!

しかもそれぞれ、炙り、煮込み、低温熟成と調理方法が異なっていて、どれも美味しいです。

このチャーシューが恋しくなっての今回の訪問でした。

 

トッピングの紅ショウガ、辛子高菜、ピリ辛もやしはセルフで取り放題。

中でも、もやしはそのまま食べても美味しいので、ラーメンが提供されるのを待つ間にモヤシをもりもり食べるのが自己流です。

お冷は水ではなくルイボスティー(おかわり自由)なのが良かったです。

 

おすすめ度:A

一風堂KAY  札幌ステラプレイス

住所:札幌市中央区北5条西2丁目札幌ステラプレイス センター6F

営業時間:11時~22時

定休日:なし

 

おまけ: 中華そば(醤油味) 900円

おすすめ度:B

スープは、豚骨をメインに、鶏、昆布、煮干しを合わせたスープです。

結構甘さが主張してくる味でした。

こちらは昔風をコンセプトに作られていますが、豚のこってり感が強くてスープのバランスがもう一つな印象でした(よって1年間お蔵入りしていました)

個人的には味噌味、とんこつ味、醤油味の順におすすめです。

よがなうどんの冷やかけうどん@中央区南1条西15丁目

24/05/20 今日の一枚
よがなうどんの冷やかけうどん 580円

とり天 180円

 

2024年4月オープン。

高知県にあるうどん屋の2号店です。

札幌はうどん屋が多くないので、札幌を選んで出店してくれたのはうれしいですね!

 

手打ちの自家製うどんは細めで一本がかなり長いのが特徴です。

つるもち系の食感で食べやすいうどんです。

高知のうどんは同じ四国の讃岐うどんとはまた違いますね。例えるなら大阪のうどんと稲庭うどんの中間のような感じです。

 

冷たいかけつゆは出汁より醬油が強めです。

出汁は昆布がメインでいりこや節系も感じます。

具は輪切りのネギ。卓上には自由に入れることができる天かすが置いてあります。

 

トッピングにとり天を1個つけました。

天ぷらの衣にかけつゆの出汁を使用しているのがポイントで、うどんのつゆにつけずにそのまま食べても美味しいです。

ボリュームを考えると、うどん+天ぷらトッピングがちょうど良いかも。

一つだけ気になったのはお水で、もう少し水にもこだわってくれたらなぁと思いました。

 

 

店員さんはみな20代くらいの若さで、活気がありました!

値段がお手頃なので、結構良いうどん屋ができたなぁと思いました。

おすすめ度:B+

よがなうどん

住所:札幌市中央区南1条西15丁目1丸冨ビル1階

営業時間:11時~14時、17時~20時(水・土除く)

定休日:日曜日

一人焼き鳥Bの焼き鳥アラカルト@中央区南3条西4丁目

24/05/18 今日の写真

「一人焼き鳥B」の焼き鳥アラカルト

 

今月の5月9日に狸小路近くに移転オープン。

炭火で焼いた焼きとりをはじめ、定番ものから創作メニューまで美味しい料理をお酒と共に楽しめるお店です。

今回たくさん食べた料理の中からいくつかを紹介します。

 

手羽ギョーザ

通常メニューにはない、この日の特別メニュー。

コラーゲンたっぷりの手羽先と餃子の相性が抜群で、この日一番のお気に入りでした。

 

②お通し トムヤムクン冷奴と合鴨のポテトサラダ

タイのグリーンカレー風ソースの冷奴と、合鴨の角切りチャーシューを合わせたポテサラで、斬新かつ非凡なお通しでした。

 

③モモ(230円)&こころ(200円)

炭火で焼いたもも肉はふっくら仕上がっていてジューシーです。こころは鶏の心臓の部分ですが臭みがなくて柔らかかったですね。

 

④スパイシー焼き鳥(280円)

タンドリーチキン風の味付けで、異国感あるスパイスの味に『そうきたか~』と心の中で小躍りしました。

 

⑤つくね(230円)

この日唯一のタレ味の串。つくねには青しそが混ぜ込まれていて、照り焼きのタレと青しその爽やかさが良かったです。

 

芽キャベツ(250円)

焼いて甘みが増した芽キャベツを、アンチョビがアクセントのソースでいただくアイデアあふれる一品です。

 

新得地鶏(680円)

地鶏ならではのしっかりとした歯ごたえと旨味で、気品ある味わいでした。

 

ドラえもんサワー⑨ドラミちゃんサワー(各420円)

ドラえもんサワーはレモンサワー、ドラミちゃんはマンゴーサワーです。

鈴やリボンのアクセサリーが遊び心がありますね。

お酒も種類が豊富で、日本酒も甘口から辛口までバラエティに揃っていました。

 

全体を通して丁寧な仕事ぶりが光る美味しい料理でした。

値段がリーズナブルなのも良いですね!

「一人焼き鳥B」は以前は別の場所で営業していましたが、ビル内での火災の影響を受けて今年の1月に休業を余儀なくされたようです。その後クラウドファンディングを経てつい先日移転オープンとなりました。

料理の腕はもちろん、気配りのある店主さんの魅力的な人柄によって、素早い再開に結び付いたのだろうなぁと想像できました。

 

おすすめ度:S

一人焼き鳥B

住所:札幌市中央区南3条西4丁目カミヤビル3F

営業時間:18時~25時(5月は24時まで&電話orインスタDMの予約必要)

定休日:不定

ラーメン櫻島の櫻島ラーメン@西区西野4条3丁目

24/05/11 今日の一枚

ラーメン櫻島の櫻島ラーメン 930円

 

札幌では珍しい鹿児島ラーメンが食べれるお店です。

豚骨をメインに野菜を合わせた塩味のスープは、透明がかった色であっさりしているのが特徴です。

化学調味料無添加のスープは、豚の旨味は感じつつも臭みがなくて、まろやかな味わいです。

スープの量がどんぶりからあふれるくらい、なみなみと入っていますね。

麺は低加水の細ストレート麺でスープに合っています。

具は3種のチャーシュー、高菜、ネギ、玉子。

3種のチャーシューは、これだけでお腹がいっぱいになりそうな位のボリュームです。

豚バラの角煮、ロール形のチャーシュー、炙ったくずれ角煮の三種が豪快に入っていて、共通してしっかり煮込まれていてホロホロとやわらかいです。

 

一つのどんぶりで、鹿児島ラーメンの美味しさと、ボリュームのあるチャーシューの美味しさを、2度楽しめる大盤振る舞いなラーメンでした。

ラーメン櫻島は1992年創業。

1990年代の札幌は「山桜桃」、「五丈原」といった、豚骨白湯系のラーメンが流行っていて超人気でした。

「櫻島」も同様に人気店の一つでしたが、他の豚骨白湯系とは違う無添加の豚骨スープはかなり異彩を放っていました。

現在も札幌で似たような鹿児島ラーメンを作っているお店はありませんので、「櫻島」が他の追随を許さないラーメンなのかがわかります。

店主さんは代替わりしたようですが、ラーメンの味のクオリティやボリュームは創業当時と変わらないのが嬉しいですね。

おすすめ度:S+

ラーメン櫻島

住所:札幌市西区西野4条3丁目1-38

営業時間:12時~19時30分

定休日:なし

おむすび茶屋おはな のおむすび@中央区北5条東3丁目

24/05/07 今日の一枚

おむすび茶屋おはな のおむすび

(チーズおかか 260円 たらこ 340円 梅 220円)

 

ドラえもんような(変な例え)ぽてっとした厚みのある丸い形が可愛らしいおむすびたち。

お米は少しかための炊きあがりです。

ふわっとした握り方で、口の中でホロっとほどけていく感じが良いですね。

一番好きだったのは梅おにぎりです。はちみつ梅を使用していて、梅の程良い甘さがお米と合っていましたね。

いかにも優しそうな若い男性の店主さんが注文してから握ってくれます。

まさにその人柄が表れているようなおむすびでした。

 

「おはな」は2019年に山鼻地区におはぎのテイクアウト専門店としてオープンしました。

その後23年4月に、おむすびとおはぎの専門店として、「おむすび茶屋おはな」として今の場所に移転しました。

今回はテイクアウトでしたが、イートインスペースもあるので出来立てのおにぎりを食べることもできます。

 

おにぎりを食べた感じだとおはぎも間違いなく当たりの予感がしました。

今度はおはぎを食べてみたくなりました。

おすすめ度:A

おむすび茶屋 おはな

住所:札幌市中央区北5条東3丁目1-20 ライオンズ札幌クロスタウン1F

営業時間:9時~19時

定休日:水曜日

羅妃焚の特製味噌ラーメン@アリオ札幌

24/05/03 今日の一枚

羅妃焚(ラピタ)の特製味噌ラーメン 930円

(初日イベントで550円)

 

4月26日にアリオ札幌のフードコート内にOPEN。

初日にラーメンが550円になるオープニングイベントを開催していたので行ってきました。

 

食べたのは特製味噌ラーメン。

スープは豚骨ベースの清湯スープに白味噌を合わせたまろやかなスープ。

生姜がほんのり効いています。加えて具の上にすりおろした生姜がのっているので、食べ進めるとしょうがスープに溶けて一層しょうがの風味が強くなっていきました。

麺は札幌らしい中太縮れ麺。

具は炒めたもやしと挽肉に、ネギ、メンマ、チャーシュー。

この日は体調がイマイチでしたが、しょうがが効いたスープで生気が蘇っていく感じがしました。

 

羅妃焚の特製味噌ラーメンは、信玄のような乳化したクリーミーなスープと、彩未のようなしょうがが効いたスープの、合わせ技のような味噌ラーメンでした。

ランチセットや学生メニュー等のお得なメニューがあるので、それを上手に活用するのが良さそうですね。

 

11時前に行きましたが、すでに順番待ちの列ができていて、整理券は103番でした。10時開店だったので開店から1時間で100人来ていたということになります。

まだお昼前なのにホントみなさんくいしんぼ…じゃなくて、よく情報を仕入れているなぁと感心しました。

おすすめ度:A

らーめん専家 羅妃焚 アリオ札幌店

住所:札幌市東区北7条東9丁目2-20アリオ札幌2F

営業時間:10時~21時

定休日:なし

スピカのフィッシュランチ@札幌ガーデンパレス(中央区北1条西6丁目)

24/04/29 今日の一枚

スピカのフィッシュランチ 1,400円

ライス・パン・サラダ・スープ・ドリンクのバイキング+デザート付き

 

札幌中心部にあるホテル、札幌ガーデンパレスのレストラン「スピカ」でランチをいただきました。

ランチはメインディッシュをパスタ、カレー、フィッシュ、ミート、ステーキから一つ選びます。

メインはテーブルに持ってきてくれますが、メイン以外のライス・パン・サラダ・スープ・ドリンクは自分で取りに行くセミバイキング方式となっています。

 

この日選んだフィッシュランチのメインは、海老クリームコロッケです。

しっかりしたホワイトソースに甘エビやきのこが入った俵型のコロッケでした。

スープはチキンと野菜のコンソメスープ。

サラダはマカロニ、玉ネギ、ダイコン、レタスの4種類を、和風、ゴマ、ニンジンの3種のドレッシングソースで。

パンは3種類。オーブントースターも置いてあるので1,2分焼くと出来立てのような美味しさに。フォカッチャがオリーブオイルの香り豊かで美味しかったです。

ドリンクは、オレンジジュース、野菜ジュースに珈琲など。珈琲は結構種類がありました。

食後にデザートが付きます。今回は刻んだいちごがのったコーヒーゼリーでした。

今回のメインの海老コロッケはまぁまぁでしたが、セミバイキング方式のサラダやパンはホテルらしい上品な味でした。

 

ホテルのレストランですが、ランチは比較的リーズナブルにいただけるのが魅力です。

メイン料理は週替わりなので、何度も通う楽しさがありますね

ちょっとリッチなサラメシとして、久しぶりに気の合う人と集まった時のランチとして利用するのに良いなぁと思いました。

 

おすすめ度:B+

REsTAURANT スピカ

住所:札幌市中央区北1条西6丁目 札幌ガーデンパレス1階

営業時間:11時30分~15時(ラストオーダー14時)

定休日:なし

回転寿司えりも岬のCランチ@白石区菊水元町2条4丁目

24/04/25 今日の一枚

回転寿司えりも岬のCランチ 660円

寿司10貫、海老の味噌汁、コーヒー付

 

えりも岬」の一番の魅力はコスパの良いお寿司ランチを食べれることですね!

4種類あるランチメニューの値段は660円または880円という安さです。

ランチタイムは土日もOKで、17時まで注文可能です。

今回はその中からCランチをいただきました。

 

寿司は写真右から、まぐろ、真イカ、サーモン、甘えび、にしん、ほっき、白ツブ貝、穴子軍艦、まぐろたたき軍艦、玉子です。

10貫で660円はお得で、ネタの質も悪くないですね!

えびの味噌汁はエビみその味がしっかり出ていました。

食後にコーヒーを一杯無料で注文できます。

提供は少し遅いですが、その間は卓上のガリを食べながら待ちました。

えりも岬は2016年にオープン。

その前は回転寿司「とっぴー」でしたが経営破綻をしたために、当店舗の従業員が「えりも岬」としてリニューアルして営業を続けているようです。

当時の「とっぴー」は、「トリトン」のようなネタの質の高さがウリのお店と、「魚べえ」のような安さがウリのお店の中間にあった回転寿司だったので、どっちつかずの印象でした。

今ではコスパの良い寿司ランチが食べれることで有名な人気店ですので、「とっぴー」は時代を先取りし過ぎてていたのかもしれませんね…

おすすめ度:A

回転寿司えりも岬 菊水元町店

住所:札幌市白石区水元町2条4丁目5-5

営業時間:11時~21時(ランチタイムは17時まで)

定休日:なし

ラーメン083の 083味噌ラーメン@北区北8条西3丁目

24/04/23 今日の一枚

ラーメン083(ゼロハチサン)の 083味噌ラーメン 950円

 

鶏ガラ豚骨と野菜ベースの清湯スープはさらりとした飲み口です。

仙台味噌と信州味噌を合わせたみそダレが美味しくて、どんどん食べ進めていきたくなります。

ラー油?が効いた少しピリ辛な味です。

麺は中太ちぢれ麺です。

野菜はキャベツがメインでネギ、きくらげ、玉ねぎ、にんじん。

肉は豚のひき肉と肩ロースのチャーシューが一枚です。

札幌でよくある味噌ラーメンとは違った、スタイリッシュな味噌ラーメンでした。

 

ラーメン083は今年の2月にオープン。

札幌駅北口近くの居酒屋「豊洲本マグロと餃子パラダイスshigi39」で、お昼だけ間借り営業しています。

開店して間もないですが、12時台は結構混んでいます。

その中でもテキパキかつ丁寧な仕事ぶりが印象に残りました。

 

おすすめ度:A

ラーメン083

住所:札幌市北区北8条西3丁目13-8

豊洲本マグロと餃子パラダイスshigi39)

営業時間:11時~14時30分

定休日:不定

まるたかラーメンのかつお塩ラーメン@北区北11条西4丁目

24/04/19 今日の一枚

まるたかラーメンのかつお塩ラーメン 870円

 

スープは豚骨鶏ガラの動物系に魚介系を合わせたWスープ。

メニュー名はかつお塩ですが、かつおインパクトはそこまで強くなく、むしろバランスの良いスープという印象でした。

塩分は少し濃いめですが、美味しくてどんどん飲みたくなります(完飲しました)。

麺は細ストレート麺。具はチャーシューと海苔とシンプルですね。

豚肩ロースのチャーシューは見た目以上のやわらかさでした。

 

調べてみるとお店は2000年創業ですが、昭和の頃からずっと流行っているような、どこか懐かしいラーメンでした。

龍の絵が入ったどんぶりからしてレトロ感満載でしたね。

おすすめ度:S

まるたかラーメン

住所:札幌市北区北11条西4丁目1-28 三上コーポ1F

営業時間:11時30分~15時30分、17時30分~21時

定休日:月曜日

奴寿司の生にぎり@北区北7条西1丁目

24/04/13 昨日のランチ

奴寿司の生にぎり 1,300円

味噌汁、パイナップル付き

 

奴寿司は昭和12年創業の老舗の寿司屋です。

ランチタイム限定で、今回食べた生にぎりと、生ちらしの2種類を提供しています。

 

握りは9貫。2個ずつ提供してくれます。

「握りたてなので、ぜひ手で食べてみてください」と店主さんに言われたので、寿司を手でいただきました。

 

最初はマグロの赤身とかんぱちです。ネタとシャリの一体感があって、この2貫で寿司の質の高さを感じました。

 

次にイカとサーモンが登場です。サーモンの脂のノリはすごかったですね。

 

続いてしめ鯖と赤貝。赤貝は珍しいですね~

しめ鯖、赤貝共にクセがあるネタですが、それを感じさせないのがさすがです。

 

続いて、たこと玉子。

美味しい寿司は醬油をほとんどつけなくても良いんですね。

 

最後はトビッコです。とびっこのプチプチ感と海苔のパリッと感が最後のシメとして良かったです。

 

なお最初に提供された味噌汁とパイナップルはこちら

非常に美味しかったです。カウンターでいただくお寿司は格別でした。

全体の印象として、生魚の臭みや、貝のクセや、酢の強さなど、寿司で時々感じる欠点が一切なかった生にぎりでした。

また、シャリとネタの温度が絶妙で素晴らしかったです。

ランチとはいえ、この値段で食べれるのは非常にお得だと思います!

 

この日の一番最初のお客でしたが、来店してから食べ終わるまでが30分ほどでした。

寿司は小出しに提供されるので時間がかかりますが、次の寿司を待つ時間が妙に心地よくて、それが魅力の一つだと思いました。

ランチをゆっくり味わう大切さに気付かされました。

おすすめ度:S

奴寿司

住所:札幌市北区北7条西1丁目1-64

営業時間:12時~14時、17時30分~21時30分(土日祝は21時30分まで)

定休日:火曜日

魚吉の海鮮丼@北区北7条西2丁目

24/04/11 今日の一枚

魚吉の海鮮丼 980円

みそ汁、漬物付

 

海鮮がメインの居酒屋「魚吉」で一年ぶりのランチでした。

 

海鮮丼のネタは、甘えび、まぐろ、ブリ、サーモン、タコ、カレイ、とびっこ。

甘えび以外は2切れずつです。

刺身以外では錦糸卵、ガリ、大葉がのっていました。

刺身は鮮度が良いです。さすがは海鮮をウリにしているお店だけありますね。

器が大きいのでボリュームは少なく見えますが、実際は丁度良いくらいの量でした。

味と値段を考えればお手頃ですね!

 

ランチメニューは魚料理だけでなく肉料理やうどんなどもあます。

こちらは鶏唐揚げ定食680円

肉料理は値段が680円~880円くらいで値段が安いです(味はまあまあ)

個人的には魚料理がおすすめです。

 

店内はダイニングバーみたいな暗めでオシャレな雰囲気です。

ランチタイムはギリギリ並ぶかどうかの込み具合で、料理の提供も速いので使い勝手が良いです。

札幌駅から地上に一度も出ずに行けるのも大きいですね。

 

なお、お店隣りのサイゼリヤは、ランチ時間はいつも行列ができています。

恐るべしサイゼリヤ

 

おすすめ度:A

魚吉 札幌駅前本店

住所:札幌市北区北7条西2丁目8-1 北ビルB1F

営業時間:11時30分~14時30分、17時~23時(土日祝日は16時~23時のみ)

定休日:なし

Qminのビリヤニ2種盛り(チキン・ホタルイカ)@中央区南11条西1丁目

24/04/09 今日の一枚

Qmin(クミン)のビリヤニ2種盛り(チキン・ホタルイカ) 1,500円

 

ビリヤニとは、スパイスと肉や魚などを合わせて炊いた、インドの炊き込みご飯です。

今回はチキンビリヤニと、この日の限定ビリヤニホタルイカビリヤニの2種盛りをいただきました。

 

写真の中皿の左側がホタルイカビリヤニ、右側がチキンのビリヤニです。

3種の味変ソースがついてきます。

ラッサム(トマトとスパイスの酸味のあるスープ)、ミルチ・カ・サーラン(ピーナッツとゴマとココナッツミルクを合わせたソース)、ライタ(刻んだ野菜が入ったヨーグルトサラダ)です。

野菜はパクチー、玉ねぎ、檸檬に、ポテト(+インドのケチャップ付き)が添えてあり、ビリヤニと3種のソースと野菜を色々混ぜながら食べました。

 

ビリヤニがとても美味しいですね!

お米は細長いパラパラした食感のバスマティライスを使用しているのが特徴です。

日本の粘り気のあるお米に慣れていると、バスマティライスはバサバサに感じてしまいがちですが、クミンのビリヤニはお米がふっくらしているので違和感を感じません。この炊き方はすごいと思いました。

ソースを混ぜずにそのまま全部食べてもいいほどの美味しさでした。

チキンもホタルイカビリヤニもお肉や魚の臭みがなく、スパイスも控えめな感じで食べやすかったですね。

 

ソースや野菜を合わせて食べるとさっぱりとした味わいになります。

個人的にはミルチ・カ・サーランのソースがコクがプラスされて好みでした。

ボリュームは結構ありますがペロッと食べられるのは、色々味変しながら食べれるからですね。

インドの本格的なビリヤニのようでもあり、むしろ本場のものより美味しいのではと思ったビリヤニでした。

 

Qminは札幌初のビリヤニ専門店。

店主さんは雰囲気からしてインド愛にあふれています。

人気店で混んでいる可能性は高いですが、海外の料理が好きな人はぜひ一度食べに行ってみてほしいお店です。

 

 

おすすめ度:S

ビリヤニ専門店Qmin

住所:札幌市中央区南11条西1丁目5-23 きゃとレール中島公園

営業時間:11時30分~17時

定休日:火曜日、水曜日

CURRY KITCHEN onion のビーフカレー@東区北7条東4丁目

24/04/07 今日の一枚

CURRY KITCHEN onion(オニオン) のビーフカレー 1,050円

 

まず7色の色鮮やかな見た目にテンションが上がりました!

玉ねぎの旨味が広がるコクのあるカレーです。

牛肉の旨味もスパイスの複雑さもしっかり感じますが、玉ねぎが全体をひとつにまとめている印象でした。

カレーにのっているカラフルな野菜は、焦がしブロッコリーとレンコン、ニンジンと紫キャベツのピクルス、福神漬けです。

ごはんは北海道産ななつぼしを使用したターメリックライス。

丁寧に時間をかけて作られているのが伝わってくるカレーでした。

こちらのオニオンは2019年オープン。ファイターズ通りの出口にあるルーカレー専門店です。

店内は古い家をオシャレに改装していて居心地が良いです。

札幌はスープカレー店が多いですが、こういう素敵なルーカレーのお店があるのは嬉しくなりました。

おまけ:こちらの店は、先週まで隣の席で仕事をしていた人に教えてもらいました。

しゃべってて楽しくて、非常に聴き上手な人なんです。

ただ、食べた感想を話していた時に「店内がオシャレで、まさに僕にぴったりのお店でしたね~」と冗談で言ったら、その時だけは苦笑しながらスルーされました。

 

おすすめ度:A+

CURRY KITCHEN onion 

住所:札幌市東区北7条東4丁目28-49

営業時間:11時30分~15時、17時~21時30分

定休日:なし